ちょんの間とは
「ちょんの間」とは「ちょっとの間」という意味で、(15〜30分)の短い間、店の規模が小さいのが特徴。

小料理屋のような店の表におばさんがいて客引きをしている。
店の軒にはライトアップされている女の子が座っていて実物を見て選べるケースもある。

時間的に短い(15〜30分)で、本番がある。

赤線・青線時代の風情をそのまま残す裏風俗である。

表向き料亭に転向することにより、料亭内での客と仲居との自由恋愛という脱法行為として売春防止法を逃れられたためである。

目安料金、時間
20分16000円〜
30分21000〜

有名な所
大阪の飛田新地,沖縄の真栄原など

時間が短いので、事務的にされてしまう事が多い。


イククル安心!簡単!即アポ!
手っ取り早く出会う
業界最大手出会い系



風俗嬢との出会い
カップル喫茶とは
風俗の種類
[童貞の為のSEX講座]戻