エイズ(HIV)
★脅威の出会い率★
イククル話題殺到!!
ヤリたい女の子沢山
童貞卒業しちゃえ


後天性免疫不全症候群は、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす免疫不全症の事である。
一般に英語の略称エイズ(AIDS)として知られている。

感染経路
性交、輸血、母子感染が確認されている。

症状
急性感染期
HIVに感染して1〜2週間程度で、発熱など軽い風邪に近い症状が現れるが1週間から長くても2〜3ケ月程度で収まる。
多発性神経炎、無菌性髄膜炎、脳炎症状などの急性症状を示す場合もある。 また数日間は血中のウイルス濃度は非常に高いが、数週間程度で抗体が産生されウイルス濃度は激減する。 一般のHIV感染検査はこの産生される抗体の有無を検査する為、感染後数週間してからでないと十分な抗体が測定されない為、検査結果が陰性となる場合がある。


無症候期
急性感染期を過ぎて症状が軽快し、5〜10年は無症状で過ごす。
見た目は健康に見えるものの、体内でHIVが盛んに増殖を繰り返す一方で、免疫担当細胞であるCD4陽性T細胞が作られ、 ウイルスがCD4陽性T細胞に感染し破壊するが繰り返される為、見かけ上の血中ウイルス濃度が低く抑えられているという動的な平衡状態にある。 無症候期を通じてCD4陽性T細胞数は徐々に減少、また自己免疫性疾患に似た症状を呈する事が多い。 無症候期にある感染者は無症候性キャリア(AC)とも呼ばれる。


発病期
血液中のCD4陽性T細胞がある程度まで減少していくと、免疫力低下症状を呈する。
最初は全身倦怠感、体重が減った、下痢気味、発熱などのエイズ関連症状になる。 大抵これらの症状によって検査結果からHIV感染が判明してくる。 その後、免疫担当細胞であるCD4陽性T細胞の減少と同時に多くの日和見感染を生じ、ニューモシスチス肺炎やカポジ肉腫等の悪性腫瘍など、生命に危険が及ぶ症状を呈してくる。 多くは感染症によって死に至る。


治療方法
現在効果的な抗HIV薬が開発され、多剤併用療法により、血中のウイルスを測定感度以下にまで抑える事が出来る様になった。
それに伴い、エイズの発症進行を大幅に抑える事に成功した。
今のところ、ウイルスの撲滅までには至っていない為完治はしないが、抗HIV薬の開発改良は目覚しい進化をしている。
糖尿病と同じ一般的な慢性疾患として捉えられ、発症を遅らせる治療により、病気とうまく付き合いながら長期生存が可能になりつつある。

予防
コンドームの適切な使用が必要。
外国では、未だに注射針を使い回しされている場合があり、特に海外で輸血される場合は、十分に注意する必要がある。

尖圭コンジローマ
性病、性行為感染症
[童貞の為のSEX講座]戻